沖縄で生まれた琉球温熱療法は、熱と栄養で代謝を整えて「自然治癒力」を高める民間療法です。

加盟店の募集

加盟店募集

琉球温熱療法院では、琉球温熱療法の素晴らしさを、全国の多くの方に知っていただき、また利用していただきたいと願っています。そして、この願いに共感して地元で琉球温熱療法院の加盟店を開業したいと希望する方を募集しています。

尚、開業するには「開業前集中研修」の受講と「加盟金」のお支払いが必要条件となります。資格(鍼灸、柔道整復師等の国家資格)の有無や研修会場(沖縄、東京)の違いによって研修期間や研修費に違いがありますので下表にてご確認ください。

1.加盟金&研修費
2.開業前集中研修について
3.受講生の声
4.開業後の加盟店支援

加盟金&研修費

一般コース 有資格者コース
沖縄会場 1.一般沖縄コース
・加盟金:50万円
・研修費:70万円
・研修期間:約5週間(日・木休み、計24日間)
・毎日9:00~17:00(補講あり)
2.資格者沖縄コース
・加盟金:50万円
・研修費:35万円
・研修期間:約2週間(日・木休み計12日間)
毎日9:00~17:00(補講あり)
東京会場+沖縄会場 3.一般東京コース
・加盟金:50万円
・研修費:90万円
・研修期間:下記の通り(調整可)
【東京会場】(約4週間/24日間)9:00~17:00
【沖縄会場】(2日間)最終講義・実技試験・修了式
4.資格者東京コース
・加盟金:50万円
・研修費:45万円
・研修期間:下記の通り(調整可)
【東京会場】(約2週間/12日間)9:00~17:00
【沖縄会場】(2日間)最終講義・実技試験・修了式
  • 有資格者とは鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師の国家資格を保有する方のことです。
  • 加盟金及び研修費は全て税別です。
  • 東京での研修は、琉球温熱療法院が研修店舗として指定した恵比寿加盟店で行います。
  • 旅費宿泊費は全て研修生負担となります。
  • 「東京会場+沖縄会場」は、加盟店を開業したいが、育児や本業などとの関係から1ヶ月あまり沖縄に滞在することはできないという東京近郊の方のためのコースです。それ以外の方は、原則的に沖縄コースで受講していただきます。
  • 研修・開業ご希望の方には、事前に履歴書と作文(開業動機など)を提出していただきます。
  • 上記の加盟店募集要項は日本国内での開業に限ります。国外・海外での開業については、別途ご相談ください。

開業前集中研修について

(研修概要)
目的 琉球温熱療法の理念および基本的な考え方を理解し、店舗を経営するのに必要な技術、知識、ノウハウを習得すること。
受講資格 1.上記の理念および考え方を共有できる方
2.向上心および勉学心旺盛な方(初期研修が終わっても半永久的に勉強し続ける必要があります)
3.一定以上の体力をお持ちの方(温熱施療は基本的に立ち仕事になります
内容 1.学科講習(午前・約3時間)/《解剖学・栄養学・病理学》
2.施療実技(午後・約4時間)
(学科講習のカリキュラム)
科目 主な内容
温熱療法について 基本的な考え方/期待できる効果/初回カウンセリング
解剖学 循環器系(血液)/リンパ組織/消化器系/泌尿器系/内分泌系/神経系
栄養学 タンパク質/脂質/炭水化物/酵素/ビタミン/ミネラル/ファイトケミカル/食物繊維/プロバイオティクス
食事内容 卵/肉類/魚介類/大豆食品/乳製品/海藻類/米/野菜/果物/食用油/塩/砂糖/水/妊婦と赤ちゃんのための食事と栄養
有害物質 添加物/経皮毒/電磁波
病理学 高血圧/糖尿病/脂質異常症/動脈硬化/高尿酸血症(痛風)/結石/アレルギー疾患/肝炎/うつ/骨粗鬆症/女性の体のトラブル
が ん がんの発症のしくみ/がんの原因/活性酸素について/部位別がんの特徴/再発転移のしくみ/がんに対する免疫力/がん検診について/がんと診断されたら/がん治療について/外科手術/放射線治療/化学治療/代替療法/食事療法/心の持ち方
開業にあたって 独立事業主の心掛け/届出書類/帳簿類
(認定について)
    • 研修の最終日に実技試験・筆記試験を実施したうえで修了認定いたします。
    • 修了認定後は、①開業時設備(ちゅらさんベッド)を加盟店価格にて購入可能以下の優遇を受けることができる、②温熱機器およびサプリメントを加盟店価格にて購入、顧客への販売可能、などの優遇を受けることができます。

受講生の声

私は愛知県に住む主婦です。2013年の夏に、8歳と6歳の子供を連れて沖縄に滞在し、念願だった琉球温熱療法学院を受講して、琉球温熱療法師の認定書をいただくことができました。

思えば、10年程前に琉球温熱療法のことを知り、南風原町にあった療法院(当時)で施療を受けたのがきっかけでした。そこで屋比久勝子先生とお会いして、話を聞いているうちに琉球温熱療法師という仕事に興味が湧いてきました。女性にもぴったりの仕事だと思ったので、すぐにでも研修を受けたかったのですが、1か月間も沖縄に滞在することをなかなか決心することができませんでした。

その後、自身の出産、子育てが重なり、そうこうするうちに10年の歳月が経ってしまいました。本院でも、事情により数年間研修を休止していたので、半ば諦めかけていたのですが、2013年の年初から神代知明先生により研修を再開したということを知り、どうしても受講したくなりました。ですが、小学校2年生と幼稚園の子供がいたので、研修日程を夏休みに合わせてもらい、昼間は子供たちを学童に預けることにしました。そういうことで、私も安心して研修を受けることができました。

研修の午前中は、解剖学や栄養学、病理学の座学講習で、初めはついていけるのか不安で緊張していましたが、少人数制だったこともあり、すぐに緊張もほぐれました。内容は奥が深く、初めて知ることばかりでした。私たちの人体の構造が、こんなにも素晴らしいのかということには、とても感動しました。また、琉球温熱療法は「熱」と「栄養」の2本柱であり、その栄養が欠けていては病気の予防も治癒も望めない、ということを繰り返し教わりました。午後からは温熱の実技で、熱入れの基本練習や実践的な技術も習得しました。被験者役で温熱を受けている時には、体にしっかり熱が入ることの気持ちよさを改めて実感しました。研修で基本を身につけて開業すれば、きっと多くの人に喜んでもらえるに違いない、と確信をもつことができました。座学・実技ともに、この研修では、たくさんの大切なことを教えていただきました。

子どもと一緒だったので、休日は沖縄の海へ行くなど、青い空の下、楽しみながら研修期間を過ごしました。あっという間の5週間でしたが、私たち親子には、とてもよい経験になりました。琉球温熱療法をつくり上げてくださった、屋比久先生と沖縄の方たちに心から感謝し、この経験を活かして地域の方々のお役に立てるような施療師を目指していきたいと思っています。

開業後の加盟店支援

  1. ホームページおよび印刷物等による店舗告知
  2. 琉球温熱療法院本院への来店客及び問い合わせ客への紹介
  3. 『NEWS LETTER(加盟店向け)』の発行(隔月)
  4. 『健康だより(一般客向け)」』の発行(隔月)
  5. レベルアップ研修の実施
  6. アシスタント研修・短縮(6日間)コースの認定
  7. 一定の商圏保護の設定(具体的な商圏人口や半径キロは設定しません)
その他お問い合わせは、加盟店および研修担当・神代(くましろ)までご連絡下さい。
PAGETOP
Copyright © 琉球温熱療法院株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.